国や自治体などの、 対等なビジネスパートナーとして。

国や地方自治体が、民間企業に発注する業務。
そうした業務でよく知られているのが、建設や土木工事。
多くの方々が、国や自治体の仕事というと建設工事や土木工事だけだと思っています。

そうしたイメージが根強い国や地方自治体の仕事ですが、
実は様々な領域で民間企業に業務を発注していることをご存知でしょうか。
それも、単なる下請けではありません。

いま、多くの企業が、対等なビジネスパートナーとして国や自治体などの「公(おおやけ)」に成り代わり、さまざまな社会課題の解決に「仕事」として取り組んでいます。

その市場規模は、いまや23兆円
そして、その件数は年間で約150万件ともいわれています。
私たちは、こうした国や自治体などの「公」が、
民間企業・団体などの「民」に発注する、
対価が発生する仕事を「公民ビジネス」と名付けました。

 

一般社団法人 公民ビジネス活性化協会 info@koumin-biz.org〒102-0075 東京都千代田区三番町1番地5 石油健保ビル

お問い合わせ